Home >> レポート >> FIA会長がスズキ本社を訪問

レポート

インデックスに戻る

FIA会長がスズキ本社を訪問 スズキのWRC'08年シーズンからの参戦に向けた表敬訪問

FIA(国際自動車連盟、Federation Internationale de I'Automobile)のマックス・モズレー会長が15日、スズキ株式会社(静岡県浜松市 会長 鈴木修、 社長 津田紘)を訪れ、スズキが同連盟が主催する世界ラリー選手権(WRC: World Rally Championship)に2008年シーズンから参戦することについて歓迎の意を表し、スズキのラリーでの健闘を期待するというお祝いの言葉を述べた。

スズキは、2008年シーズンから「SX4 WRC」で世界ラリー選手権(WRC)に本格参戦するが、本年4月よりは欧州テストを開始し、2007年シーズンのフランスラリー(10月)、ラリーGB(11月) の2戦へもテスト参戦することを決定している。

FIA マックス・ モズレー会長のコメント
「今回、スズキ株式会社の本社を訪問する機会を与えられましたことはうれしい限りです。
スズキはスポーティーで、楽しく、また技術的にも卓越したクルマやバイクづくりにおいて常に努力しており、私がすばらしいと思っている会社です。 スズキが今年後半からFIA 世界ラリー選手権に参入されますが、これはWRCにとって歓迎されることであることは疑いのないことです。 私はスズキが多くの革新的な自動車メーカーの一つとして、この名声のある選手権でどのように健闘されるかを見守って参りたいと存じます。」

左から
スズキ株式会社 常務役員、SX4チーフエンジニア 本田 治
FIA テクニカル コンサルタント アンソニー・パーネル
FIA 会長 マックス・モズレー
スズキ株式会社 取締役専務役員 中西 眞三
株式会社スズキスポーツ 代表取締役社長 田嶋伸博