Home >> インタビュー >> スズキ株式会社 津田社長インタビュー

インタビュー

インデックスに戻る

スズキ株式会社 津田社長インタビュー

スズキにとってのモータースポーツ

企業の「総合力」が試される時代に、会社の成長戦略はどうあるべきか、長期的な方向性をどうするかを考えていく際、やはり、2輪・4輪、それ以外にもさまざまな商品を持っている「スズキ」のブランドをどうやって確立するか、という事が大きな課題となります。技術、営業力、生産力、各商品など、ファンクションごとの議論だけではなく、やはり全体を押し上げる、一つの「拠りどころ」が必要になります。 また、商品としての車という意味では、技術の裏づけが必要です。その際、商品に乗せるための技術はこうあるべきだ、こうしたいというのはもちろんありますが、それ以外にも、やはりもう一つ何か挑戦すべきモチベーションを与えたいというのがあります。そこで「レースで勝つ」という高い目標を掲げ、過酷な状況でどんな技術が必要かということを明確にしていく。
この二つ、「ブランド」と「技術」を押し上げる為に必要な施策、戦略を考えたとき、必然的に出てくる答えの一つが、「モータースポーツ」です。それは2輪でも4輪でも同じことです。スズキでは2輪も4輪も作っていますから、両方のさまざまな良い面が、たとえばモータースポーツのチャレンジ精神という意味でも、「相乗効果」となって現れているのが今のスズキだと思います。2輪でのモータースポーツの歴史があったからこそ、今のスズキがある。スズキにとってのモータースポーツというのは「企業の存在の原点」であるような気がしています。

JWRCからWRCへ

まずJWRCおよびWRCに限定して言いますと、やはり自分の会社の商品、車両がどういったコンセプトで作られるかって事がベースにあるんです。レースの為に商品を作る訳ではなく、商品がまずある。したがって量産車という比較的お客様の近くにある車、商品をベースにモータースポーツを考えたとき、JWRC・WRCは市販車がベースのレースだということ、それは非常に大きなポイントです。
そして、モータースポーツに限りませんが、継続してチャレンジを続けていくこと、これが重要です。商品を続けて出すこともそうですし、技術開発も次の高い目標を設定することも必要ですし、モータースポーツで言えばやはり上をねらっていく。今までの勢いをどうやってつなげていくか。ステップごとにスズキの車両も良くなって来ていますし、ブランド力も上がっているこの時期に、そういう体質を体の中に染み付かせるような、意識改革の気持ちを込めて次を狙えと。そういうチャレンジをずっと続けて行くためにWRCへのステップアップがあります。

SX4でのWRC参戦の経緯

JWRC、WRCの参戦計画とは別に、2010年くらいまでの商品計画がありました。その中にJWRCに出すべきSWIFTと、もし上手くいって次のステップを考えた時に、その当時はまだ車名がついていませんが、Bセグメントの新型車の企画があると。当時はまだクロスオーバーとか四駆というイメージはなかったんですけれども、次はあの車だなと。だけど決してWRCに出るからこういう車にしなさいとは決して言わない。スズキのブランドを上げるための核となる車であることは事実ですが、実際にWRCに出られる車になるかどうかは分かりませんでした。あくまで私の頭の中で、WRCと、Bセグメントの新車を勝手にくっつけただけでしたが、徐々に企画が固まり、コンセプトが固まり、デザインが固まって、「SX4」という車にたどりついたわけです。あらゆる走行シーンに耐えうる、非常に幅広い領域をもった車がSX4のコンセプトです。山中を走る、海岸沿いを走る、都会を走る、どんなシーンでも似合う車です。「S」=スポーツ、「X」=X-over、「4」=4WD、とWRCがまさに思いどおり重なったという、そういう経緯があるんですよ。

エンジニアとしてのスタンス、社長としてのスタンス

やはり技術者として何か新しいことや、大きな挑戦をしたいというのは、常にあるんですね。仕事をしながらその延長線、先の方にどんな夢があるのかと、常に自分はエンジニアとして考えて、そういう行動をしてきました。今JWRCに出て、それなりの成果が得られて、今度はもう1ステップ、2ステップ上のランクのWRCに出る。これはエンジニアとしての大きな夢ですね。ですから自分一人でできることではないんですけど、関係するスタッフの夢と自分の夢、スタッフは別の夢もあるかもしれませんけど、そんな夢を集めると、大きなプロジェクトに参画するという満足感があるだろうし、自ずと結果が出てくるだろうと思います。エンジニアっていうのは専門分野で細かく別れているんです。エンジンを作る人、開発する人、車体をやる人、電装をやる人、いろんな部門がありますね。一人ひとりが受け持つ部分っていうのは狭い範囲なんですよ。だけどレースでは目標が短期的に決まっていますから、全員の意識を集中できる。それはエンジニアとしてうれしいですよ、そういうプロジェクトに参加させてもらえるということは。一人ではできない大きな仕事をやれるという喜びは、これはエンジニアでなければ分からないと思いますね。
社長としては、淡々とやって勝てばいいのですが、そんな簡単なものではありません。やはり社長みずから、これに命をかけているんだと、君たちと一緒にやって、勝ちたい、光栄に浴したいという気持ちをどうやって皆に伝えるか。やはり節目節目に自分自身で動力系に行ってエンジンを回しているそばでいろいろ言いますし、ラリー車についても、自分では運転しませんけど、コドライバーの席に座って自分の肌で感じて、仕上りを必ずチェックします。そういったことを自ら先頭に立って行なっています。いろんな関係者がまわりにいますから、これは本物だなと、やる気だな社長はと。そういう気持ちが出てくると思うんです。レースの現場にも出かけますが、その時は一切何も言いません、結果はついてくるから安心してやれ、と言っていますね。

SUZUKI SPORTとの開発体制

競技用車両にはやはり専門分野の力が必要です。実際にラリーの現場で必要な技術やドライバーを我々がまかなえるわけではありません。開発した車両のチューンナップや、各ラリーに合わせた調整をどうするか。レース中のメカニック体制や、部品に異常が起こった時の対応、あるいはドライバーの選択や、そのドライバーからのフィードバックを、設計・現場まで持ってくるといったさまざまな対応が必要です。そこを担ってもらっているのが、長い間お付き合いのあるスズキスポーツ、田嶋さんだろうと思います。スズキのグローバル4万数千名、その中にスズキスポーツという存在があったからこそ、今までの成果が出せたと思います。

このWRCチャレンジの最初の目標は

JWRCの時は、3年でチャンピオンという明確な目標値をあげました。しかし、WRCはいわばオリンピックのようなレベルの高いレースですから、結果がどうなるか分かりません。高い目標を掲げ、それに向かって大きなチャレンジをしていくこと、これがまず第一歩ですが、オリンピックでいう金銀銅というランクがあるとしたら、数年先、必ずメダル争いのどこかにSX-4がいるという、これが私の今言える目標です。

世界中のスズキファンへひとこと

計画通り順調な方向性が見えております。関係するメンバー全員が、計画通りに自分の役割を全うすることができれば、私の思い描いている目標は確実にクリアできると思っています。みなさん、期待してください。