スズキ、頼もしい走りでポイント圏内をキープ

トニ・ガルデマイスター選手とP-G・アンダーソン選手の駆る2台のSX4 WRCは、ラリー・ド・フランス-ツール・ド・コルス初日の6SSを通じて安定した走りを披露し、ガルデマイスター選手は7位、アンダーソン選手は12位と、両選手ともポイント圏内のポジションをキープしている。

ツール・ド・コルスが年間のWRCイベントの中で最も名の通ったターマックラリーであることに異論をはさむ余地はないだろう。その曲がりくねった山岳ステージは、常にWRカーの性能とドライバーの力量の試金石となってきた。
1年前、スズキ・ワールドラリーチームがSX4 WRCのWRCデビューの場に選んだのも、またコルシカだった。昨年SX4 WRCがコルシカを走った際の走行データは今年のSX4 WRCの随所に活かされている。
今日ガルデマイスター選手を苦しめたのは、インフルエンザのような風邪の症状だ。今日の暖かな陽気も残念ながら助けとはならなかったが、ガルデマイスター選手は集中力を必死で保ち続けた。2人のドライバーは、ポイント獲得を目指し、総距離119.92kmに及ぶデイ1の6SSに全力で臨んだ。SX4 WRCは、ドライバーたちの熱意をサポートするかのように終日完璧な信頼性を示した。この信頼性は、もちろん今シーズンのこれまでのラウンドを通じてチーム全体が努力してきた成果である。
今日のルートは、3ステージで構成されるループを昼のアジャクシオでのサービスを挟み2度走るというもの。各ステージに、路面の凹凸が激しく道幅の狭い低速セクションと、ラリー・ド・エスパーニャを思わせる高速セクションが混在する難ルートだ。その上、午後の2度目の走行では、コース上に浮いた砂利や小石が瞬時にWRカーのグリップを奪い、コースアウトやスピン、そしてパンクの原因となった。明日は、今日以上に厳しい6ステージがクルーを出迎える。


カーニュース:
今朝、2台のSX4 WRCは、昨日のシェイクダウン走行を通じて決定したセッティングで出走した。幸い6km余りのシェイクダウンステージで得られたセッティングは今日のコルシカのステージに合い、午前中のループを終えて昼のサービスを受けにアジャクシオに戻ってきたドライバーたちからは、車の調子、ピレリ製ハードコンパウンドタイヤとの相性ともに高評価を得られた。
午後の路面は午前よりも暖まっており、また、砂利で汚れていることが多く、ハンドリングの向上が望まれる。そのため、昼のサービスでは、どちらのドライバーもサスペンションに若干の変更を加えた。かつて「ラリー・オブ・テン・サウザンド・コーナーズ」と呼ばれたツイスティなターマックステージを舞台に、2台のSX4 WRCは終日素晴らしい信頼性を見せた。

好ポジションでデイ1を終えたスズキ・ワールドラリーチームは、車両のセットアップを大きな変更することもなく、今回のイベントで最もタフな1日となるデイ2に向けて、落ち着いて体制を整えている。


ドライバーニュース:
トニ・ガルデマイスター選手 コメント

「今日最大の問題は僕自身の体調不良だった。喉はすごく痛かったし、午後は体がだるくて、まるで自分の足がスパゲッティになってしまったように感じた。こんな状態では、全開で走るのは難しい。でも、全力を尽くしたつもりだ。ポジションも悪くないと思う。SX4 WRCの調子はとても良かったよ。そのおかげでポイント圏内に入ることができた。明日には体調が回復することを期待している。体調が良くなれば、もっと上のポジションを狙えると思うよ!」

P-G・アンダーソン選手 コメント
「カタルーニャでのコースオフ以来、まずは自信を取り戻すことが最重要課題だった。だから、今日はあまりスピードを上げなかったんだ。今シーズン、SX4 WRCは順調に改良されてきていて、その進歩を間近で見ることができて嬉しいよ。サービスでは少しサスペンションの調整を行った。今日のステージは本当にトリッキーで、びっくりするほど滑りやすかったね。でも、SX4 WRCについては良い手応えを得られているし、明日は攻めの走りができると思うよ。」


チームニュース:
スズキ・ワールドラリーチーム ディレクター 稲垣秋介 コメント

「今日も一日SX4 WRCは非常に高い信頼性を見せました。ト二選手は、体調が悪いにも関わらず、ドライバーズポイント獲得圏内でデイ1を終えるという快挙を成し遂げてくれました。P-G選手も、終日ミスを犯さずに走り自信を無事に取り戻せたようで、現在マニュファクチャラーポイント獲得圏内にいます。非常にタフな初日でしたが、スズキの2人のドライバーがポイント獲得圏内にいて、素晴らしい成績だと思います。ドライバー達がこの調子を維持して残り2日間を走り切ることを期待しています。」



DATE
SS 01
SS 02
SS 03
SS 04
SS 05
SS 06
10/10(金)
15.92
16.62
27.42
15.92
16.62
27.42


Pos.
Driver
Manufacturers
Time
1
セバスチャン ローブ
1:09:24.3
0.0
2
ミッコ ヒルボネン
1:09:56.6
+32.3
3
フランソワ デュバル
1:09:58.3
+34.1
4
ペター ソルベルグ
1:10:35.8
+1:11.5
5
ヤリ マティ ラトヴァラ
1:10:37.0
+1:12.7
6
クリス アトキンソン
1:10:39.7
+1:15.4
7
トニ ガルデマイスター
1:12:40.3
+3:16.1
8
アンドレアス ミケルセン
1:12:42.8
+3:18.5
12
パー ガンナー アンダーソン
1:12:45.7
+3:26.5






 
   
 
 
   
 
 

 

Rd.15 GB
MORE>>


Rd.15 GB
デイ3
MORE>>
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
   
 
 
  伝説の舞台 ウェールズ
MORE >>
  ラリー・ジャパン パドック編
MORE >>
  トニ選手と、P‐G選手のジャパン・ツアー
MORE >>




#10 メカニックの素顔:ステファン・エリクソン
MORE>>


#09 メカニックの素顔:エサ・ハッキネン
MORE>>