Home >> 参戦体制について

参戦体制について

FIA 世界ラリー選手権(WRC)参戦体制について

スズキ株式会社は、2008年よりFIA 世界ラリー選手権(WRC)へ参戦する「スズキ・ワールドラリーチーム」のドライバー、及びチームの参戦体制について決定した。
同選手権には2台の「SX4 WRC」で参戦し、ドライバーには「トニ・ガルデマイスター(フィンランド)」、「P-G・アンダーソン(スウェーデン)」のベテランと新人の組み合わせで臨む。
トニ・ガルデマイスターは、舗装路から未舗装路まで、幅広い適応能力と高い開発能力をもつ経験豊かなドライバーであり、当チームのファースト・ドライバーとして年間エントリーし、参戦初年からの車両開発と熟成を担う。
P-G・アンダーソンは、参加年齢28歳以下で行われる2004年のジュニア世界ラリー選手権(JWRC)に「イグニス」、2007年のジュニアラリー選手権(JRC)に「スイフト」で参戦し年間タイトルを獲得した若手ドライバーで、スズキと共にWRCにステップアップする。
なお、トニ・ガルデマイスターのコ・ドライバーには、「SX4 WRC」でウェールズ・ラリー・GBにテスト参戦した「トミ・トゥオミネン(フィンランド)」が、また、P-G・アンダーソンのコ・ドライバーには、スーパー1600で共にステップアップする「ヨナス・アンダーソン(スウェーデン)」が同乗する。
スズキは、世界ラリー選手権(WRC)に「スズキ SX4 WRC」で参戦し、㈱スズキスポーツと共にラリー車開発に関わる技術的支援やチーム運営をサポートし、スズキの国内、海外での小型車の販売促進、並びにラリー支援活動を通じて得られる技術情報の製品へのフィードバックなどにつなげていく計画である。

ドライバープロフィール
(左)トニ・ガルデマイスター / (右)PーG・アンダーソン
ドライバー
氏 名 トニ・ガルデマイスター
国 籍 フィンランド
誕生日 1975年3月31日(32歳)
戦 歴 1993年 ラリーデビュー
1994年 WRC初参戦(1000湖ラリー)
1997年 フィンランドF2クラス チャンピオン
2000年 セアト ワークスドライバー
2002年 シュコダ ワークスドライバー
2005年 フォード ワークスドライバー ドライバーズ選手権4位
氏 名 パー・ガンナー・アンダーソン
国 籍 スウェーデン
誕生日 1980年3月10日(27歳)
戦 歴 1999年 ラリーデビュー
2000年 スウェーデン国内選手権ジュニアクラスで2度優勝
2002年 WRC初参戦 グループNクラス優勝(スウェディッシュラリー)
2003年 スウェーデンスーパー1600チャンピオン
2004年 JWRC ドライバーズ選手権 チャンピオン
2005年 JWRC ドライバーズ選手権 2位
2006年 JWRC ドライバーズ選手権 4位
2007年 JWRC ドライバーズ選手権 チャンピオン
コ・ドライバー
氏 名 トミ・トゥオミネン
国 籍 フィンランド
誕生日 1971年11月8日(36歳)
氏 名 ヨナス・アンダーソン
国 籍 スウェーデン
誕生日 1977年1月1日(30歳)
チーム体制
チーム代表
田嶋伸博
誕生日 1950年6月28日(57歳)
所 属 (株)スズキスポーツ 代表取締役
チームディレクター
粟津原豊
誕生日 1961年3月1日(46歳)
所 属 (株)スズキスポーツ 取締役 専務[海外事業本部長]
チームマネージャー
川田輝
誕生日 1960年10月30日(47歳)
所 属 (株)スズキスポーツ
チームテクニカルマネージャー
稲垣秋介
誕生日 1946年8月7日(61歳)
所 属 (株)スズキスポーツ