#10 メカニックの素顔 :ステファン・エリクソン

【基本情報】
国籍:スウェーデン
生年月日:1973年8月31日
出生地:スウェーデン マルスタ
既婚

職業:自動車整備士
趣味:モトクロス



【インタビュー】

-ラリーメカニックになるまでの道筋を教えてください。

僕は1992年にラリードライバーとしてのキャリアをスタートした。ドライバーをするのは2001年にやめたけれど、メカニックとして競技に参加し続けるのは良いアイデアだと思ったんだ。

-スズキ・ワールドラリーチームに加わったきっかけは?
ダニエル・カールソンが2003年にスズキのJWRCチームに加わった時、スズキはスウェーデン人のメカニックを探した。それがきっかけで、それ以来スズキスポーツから仕事をもらっている。

-あなたの最大の強みは何でしょう?
あきらめないところ。それに、大変な時でもパニックにならないでいられること。精神的にも肉体的にも結構強い方だと思うよ。

-では,弱点はありますか?

たまに不注意かもしれない

-ラリーという競技のどこが好きですか?
僕にとってのラリーの魅力は、刻々と変わる状況と、ラリーカーのスピードだ。

-ラリーカーにドライバーまたはコドライバーとして乗ったことはありますか?
どっちも経験したことがあるよ。最初、兄と出場した時はコドライバーを務めた。1992年にドライバーへの転向を決めて、ドライバーとして出場する最後の年となった2001年にはスウェーデンラリー選手権で総合2位を獲った。

-P-G選手との付き合いはどれほどになりますか?
彼がスズキのJWRCチームに加わった2004年以来、一緒に仕事をしている。



-良い関係を築いているのですね
P-Gは僕のすることや言うことをいつも信頼してくれる。僕たちはいつも一緒に、今何をしているのか、次に何をするべきなのか話しあっているんだ。その結果、昨年までのJWRCで2度の優勝が勝ち取れたんだと思う。

-今年のWRCは年間15戦ありますが、普段の生活との両立はうまくいっていますか?
その問題についてはポジティブにとらえることにしているよ。多くの人たちはそんな頻繁に家を空けられないでしょう?
幸い、僕は家にいるときもイベント中も友人たちと理解のある妻に大いに助けられているよ。

-5年後のあなたは何をしているでしょう?
5年後は、うちの工場の方が忙しくなっているんじゃないかと思う。あとは、うちの5歳の子供とモトクロスを走らせられるといいと思っている。


 

Rd.15 GB
MORE>>


Rd.15 GB
デイ3
MORE>>
 
 
 
 
 
  伝説の舞台 ウェールズ
MORE >>
  ラリー・ジャパン パドック編
MORE >>
  トニ選手と、P‐G選手のジャパン・ツアー
MORE >>




#10 メカニックの素顔:ステファン・エリクソン
MORE>>


#09 メカニックの素顔:エサ・ハッキネン
MORE>>