#07 ホームストーリー : P-G・アンダーソン


【基本情報】

国籍 スウェーデン
生年月日 1980年 3月 10日
出生地 スウェーデン アーヤン
未婚、彼女あり

【インタビュー】

自分の性格を簡単に説明してください
いつでも何かに夢中になってる。いつでも陽気で人生を楽しんでる。

この家で一番気に入っているのはどこ?
(※このインタビューはP-G選手の実家のテラスで行いました。)
田舎にあること。水と自然が身の回りにあるようなところが僕の好きな場所。大都市とか、そんな感じの街は苦手だな。田舎が好きなんだ。近くに友達がいるし、居心地がいいよ。

あなたにとって一番大切な人は誰?
僕の人生において一番大切なのは、たぶん父親だな。
彼はいつでも110%僕のラリードライバーとしてのキャリアを応援してくれている。さらに、たくさんの時間と多くのお金をかけてくれているし、その他にもいろいろな面でスポンサーの一人として僕をサポートしてくれているんだ。

お気に入りの旅行先はどこ?
好きな場所は湖の近く。日が照っている時の水は暖かくてフレッシュだ。ジェットスキーをするのもいいし、ATVを脇に止めて友達とのんびり過ごすのもいいな。

WRCのドライバーとして仕事中のあなたとプライベートな時間のあなたは別な性格?
家にいるときはもの凄くリラックスしているよ。でも、何か起こらないかなとワクワクしている。ただ寝転がっているのはつまらないからね。動いているのが好きなんだ。だから何かやりたくなったらすぐ行動しちゃうよ。
ラリーの間は、僕はすごく集中している。ラリーが始まったらラリーの事だけに専念するんだ。もしかすると、ラリー中の僕はちょっと不愛想かもしれないね。

5年後の自分はどうなっていると思う?
WRCのタイトルを獲っているといいな。そしてこのままラリーを続けていたい。

【P-G選手の住まい】
アーヤンはスウェーデン中西部のヴェルムランド県の町で、ノルウェーと国境を接しています。アーヤンのはじまりは1941年にシルボダルから分離、独立して設けられた地方自治体で、1952年にシルボダルが再び統合されて現在のアーヤンの町の原型ができました。1971年にはシレルドとホルメダルがアーヤンと合併し、1974年にはテクスマークが加わって、今日のサイズになりました。

スウェーデン中西部 ヴェルムランド県
座標:59°23'0" N, 12°8'0" E
面積:4.11 km2
人口:3,172人
人口密度:772人/km2
ウェブサイト:http://www.arjang.se




【おまけインタビュー】


ここから500mくらいのところにとても魚が釣れるいい池があるんだ。天気にもよるけど僕らは夏の間に10〜20回はそこで1〜2時間過ごすんだ。でも何も釣れないとすぐに飽きてしまって家に帰ってきちゃうけど...。
冬は狩りをするのが好きなんだ。11月の終わりか12月の初めから2月くらいまでが狩りのシーズンで、主に狩るのは鹿とウサギ、それにたまに狐。ヘラジカ狩りのシーズンは、ちょうどカタルーニャとコルシカでのラリーと重なってしまうから出来ないんだ。
僕は狩りそのものが好きっていうよりも、何人かで自然の中に出かけて行って、座ってソーセージなんかを焼いたりしてひと時を過ごすことが好きなんだ。出かけても7割はなにも獲れないで帰ってくる。今年は20回位は行ったけど獲れたのはウサギ1羽だけ。獲物が死ぬのはあまりいい気分じゃないから、僕は獲物を追うのには犬を使うよ。
この前、僕の父が湖を泳いで渡るヘラジカの姿を見たらしいけど、このあたりにはあまりは多くいないんだ。数週間前に狼が一匹ここのすぐ近くまで来ていたけど、狼がヘラジカや鹿を殺すから、以前よりも数が減っているんだ。僕自身は見たことがないけれどね。

ピレリ(※P-Gの猫の名前)は野生動物たちと仲が良いよ。特に狐とは仲がいい。ほかにもアナグマなんかもたくさんいるよ。彼らは、湖を下って行ったところに大きなねぐらを作っていて、うちの庭にいたずらをしに来るんだ。

普段、僕は実家に暮らしている。最低でも週に1度は実家にいる。今回の夏休みも7月中旬に西海岸のカマロ・サーキットで開催されるイベントの時以外は基本的には実家で過ごすよ。


 


 

Rd.15 GB
MORE>>


Rd.15 GB
デイ3
MORE>>
 
 
 
 
 
  伝説の舞台 ウェールズ
MORE >>
  ラリー・ジャパン パドック編
MORE >>
  トニ選手と、P‐G選手のジャパン・ツアー
MORE >>




#10 メカニックの素顔:ステファン・エリクソン
MORE>>


#09 メカニックの素顔:エサ・ハッキネン
MORE>>