スズキ、無念のリタイア

ラリー・オブ・ターキーのデイ2は今年のWRCを通じて最もタフなチャレンジの1つとなった。強い日差しの下、2台のSX4 WRCは、ラリーのホストタウンであるケメルの西に設けられた山岳ステージ、昨日のSS8の再走となるSS10を問題なく走りきった。しかし残念ながら、その次のステージで、トニ・ガルデマイスター選手はラジエータの破損により、P-G・アンダーソン選手は電装のトラブルによって、ともにラリーからのリタイアを決めた。


カーニュース:
スズキ・ワールドラリーチームの2台のSX4 WRCはデイ1を通じて高い信頼性を見せたが、ラリー・オブ・ターキーの部分的にきわめてラフなコンディションと高い気温に屈する形になった。ガルデマイスター選手のSX4 WRCはラジエータ損傷によりエンジンがオーバーヒートしてしまい、一方、アンダーソン選手のSX4 WRCには初日にも起こった電装関係の不具合が生じてしまった。今回、2台のSX4 WRCはスーパーラリー制度を利用しての再出走は行わない。


ドライバーニュース:
トニ・ガルデマイスター選手 コメント

「今回リタイアすることになったけれど、色々得るものがあった。僕らはこのラリーで、今までのイベントよりずっと良いペースで、首位を走るドライバーとの1kmあたりのタイム差を常に1秒以下に収めて走っていた。途中でトラブルが起きてしまったのはとても残念だったけどね。僕が、車のパワーが下がり始めていることに気付いたのはステージを半分ほど走ったところだった。エンジンの油温がだいぶ上がっていて、その時は、ここがすごくツイスティナステージだったから温度が上がっても当たり前だと思ったんだ。でも、温度が上がり続けるのを見て、エンジンを止めるべきだということが分かった。マシンを確認したらラジエータが壊れていた。それに、昨日脱臼した肩が、今朝はそこまで痛くなかったのだけど、そのステージの前半で大きい石に車をぶつけてしまったのが良くなかったみたいで痛み、また一本の腕だけで運転しなくてはならなくなってしまった。次回のラウンドは、僕が心から楽しみにしているフィンランドでのホームイベントだ。それまでにテスト走行をしたり新しいパーツを組んだりして、速くなったSX4 WRCを僕たちのホームであるフィンランドで披露できたら良いと思っているよ。」

P-G・アンダーソン選手 コメント
「明日SX4 WRCで再び出走できたらどんなに良いだろう!昨日は本当にエキサイティングで、運転していて楽しかった。デイ2でも同じようにいいペースで走りたいと思っていたんだ。今日の最初のステージのタイムは結構良くて、トップ10圏内に戻ることができた。でも、その次のステージ、SS11をスタートしてから数百メートルのところで車が止まってしまった。完走できないのは本当に残念だ。昨日トップ6に並ぶステージタイムをマークして、車のレベルが上がっていることを実感しているから、余計に悔しい。今は、気持ちを切り替えて、シーズン後半戦を走るのを楽しみにしているよ。」


チームニュース:
ポール・ワイルディング スズキ・ワールドラリーチーム マネージャー コメント

「今回のラリーで私たちのSX4 WRCはこれまでのラリーを凌ぐハイ・ペースの走りを見せました。もっと多くのステージを走れたら、1kmでも多く走ることができたら、ドライバーとチームにとってより良い経験となったでしょう。P-G選手については、再出走は不可能ではありませんでしたが、今日走れなかったステージがとても多いため、計上されるタイムが非常に大きいということもあり、チームとしては、サービスパークにおいて原因追求を行うほうを重要視し、再出走せずにリタイアすることを決めました。」




DATE
SS 10
SS 11
SS 12
SS 13
SS 14
SS 15
SS 16
6/14(土)
2.60
22.43
24.15
9.90
22.43
24.15
9.90


Pos.
Driver
Manufacturers
Time
1
Mikko Hirvonen
3:47:37.7
0.0
2
Jari-Matti Latvala
3:47:53.9
+16.2
3
Sebastien Loeb
3:48:12.0
+34.3
4
Henning Solberg
3:49:46.2
+2:08.5
5
Daniel Sordo
3:49:52.8
+2:15.1
6
Petter Solberg
3:50:11.4
+2:33.7
7
Matthew Wilson
3:51:18.9
+3:41.2
8
Gigi Galli
3:53:17.8
+5:40.1




 
   
 
 
 
 
 

 

Rd.15 GB
MORE>>


Rd.15 GB
デイ3
MORE>>
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
   
 
 
  伝説の舞台 ウェールズ
MORE >>
  ラリー・ジャパン パドック編
MORE >>
  トニ選手と、P‐G選手のジャパン・ツアー
MORE >>




#10 メカニックの素顔:ステファン・エリクソン
MORE>>


#09 メカニックの素顔:エサ・ハッキネン
MORE>>