スズキ・ワールドラリーチーム、アルゼンチンの難路に学ぶ

ラリー・アルゼンティーナのデイ2は、スズキ・ワールドラリーチームにとって昨日に引き続きハードな一日となった。デイ1で各チームのクルーを悩ませたぬかるんだ泥は、今日もタイヤからトラクションとグリップを奪いドライバーの集中力を試した。昨日のトラブルや損傷をメカニックの不眠の努力で解消し、スーパーラリー制度を利用して再スタートしたスズキ・ワールドラリーチームの2台のSX4 WRCは、今日も大きな困難に直面した。
難コンディションにも関わらず安定した走りを見せトップ10に入るステージタイムを重ねてきたP-G・アンダーソン選手の駆るSX4 WRCは、不運にも午後の最初のステージSS14でラフな路面によりサスペンションを損傷したため、その場で走行を断念することとなった。一方のトニ・ガルデマイスター選手は、まず午前中、駆動系のメカニカルトラブルにより後輪駆動状態での走行を強いられた。それを修理して臨んだ午後、今度は油圧系のトラブルによりセンターデフとセミ・オートマのシフト機構、さらにパワーステアリングが不調をきたし、ガルデマイスター選手はSS15を走り終えた直後にリタイアを決めた。
現在スズキ・ワールドラリーチームでは、両車がスーパーラリー制度を利用して明朝再スタートを切り、イベントを完走できるように調整を進めている。

カー・ニュース:
P-G・アンダーソン選手は午前中ノートラブルで快走し、メキシコでチームを悩ませた苦いエンジントラブルはもはや過去の問題となったことを証明して見せた。午前中の最終ステージSS13で石に衝突した衝撃でステアリングにダメージを負ってしまったが、それでもアンダーソン選手は大きなタイムロスなく午前中を走りきった。残念ながらラリー・アルゼンティーナの荒々しい大地は彼のSX4 WRCに午後最初のステージであるSS14 で再び牙を剥き、サスペンションの損傷のためリタイアを余儀なくした。他方、トニ・ガルデマイスター選手は次々と襲いかかったドライブトレインと油圧系のトラブルに対処しながらの我慢のドライビングを強いられ、最終的にはやはりリタイアに至った。
それでも今日は、チームにとって得るものの多い一日であったといえるだろう。今回のアルゼンチンの厳しいコンディションはどのチームにとっても大きな脅威となっており、トップドライバー達でさえ様々なトラブルを抱え苦しめられている。困難ずくめの本イベントだが、同時にチームは着実に経験を積み重ねている。現時点で、チームは2台が明朝スーパーラリー制度を利用して再スタートするために準備を進めているが、それもテスト走行のためだ。

ドライバー・ニュース:
トニ・ガルデマイスター
選手 コメント「今日の走りは楽じゃなかったよ。最初のステージを走り始めて数百メートル走ったところで突然前輪の舵が利かなくなった。実質的に後輪駆動になってしまって、僕らはかなりタイムロスをしたよ。その問題はランチタイムのサービスで解消されたけれど、午後になると今度は油圧系に別な問題が起こった。SX4 WRCにとって今年が初のWRC参戦で、今回のラウンドはまだ15戦中の4戦目に過ぎない、という事実を噛みしめているよ。今回の難しい路面で今まで見えなかった問題が明るみに出てくるのは良いことだ。重要なのはトラブルを見つけ、解消し、改良してゆくことだからね。幸い明日はまた再スタートすることができそうだから、大勢集まっている観客にいいところを少しでも見せられるようにベストを尽くすよ。」

P-G・アンダーソン選手 コメント「今回のラリーはとにかく路面のコンディションが半端じゃなく厄介だ。僕がこれまでに経験してきたイベントから考えても、年間15戦の中でも最大の難関に数えられると思うよ。それでも今日は、午前中はとりたててトラブルもなくて気持ちよく走ることができた。僕の経験不足を自覚させられるようなシーンはいくつかあって、それはとても勉強になった。午後の路面は午前中ラリーカーが走った跡でちょっと荒れていて、僕たちのSX4 WRCはサスペンションにダメージを負ってしまった。アンラッキーな出来事だったけど、明日また再スタートできる見込みだから、引き続き頑張るよ。それが僕の経験になると確信しているからね!」

チーム・ニュース:
スズキ・ワールドラリーチーム チームプリンシパル田嶋伸博 コメント「今日は非常にハードな1日でした。残念なことに、トニ選手とP-G選手にはどちらもトラブルが起こり、実力どおりの走りができない状況でした。幸い、今日出たトラブルは解決でき、明日は良い状態で再スタートを切ることができるでしょう。今回、ラフな路面でサスペンションにダメージを受けている車輌が本当に多いです。浮上してきた問題を逐一直すことによって、よりよい車を作り上げることができますから、なるべくたくさんのSSに出走し、チームの経験として役立ててゆきたいと考えています。成功への道はいつでもチャレンジングなものです。始めたばかりと言うのは特に厳しいものですが、今の私たちには前進あるのみです。応援よろしくお願いいたします。」

DATE
SS 10
SS 11
SS 12
SS 13
SS 14
SS 15
SS 16
SS 17
SS 18
Saturday March 29th
22.17
16.41
16.31
21.41
22.17
16.41
16.31
24.41
3.5

Pos.
Driver
Manufacturers
Time
1
セバスチャン ローブ
4:28:16.5
0.0
2
ペター ソルベルグ
4:29:36.1
+1:19.6
3
クリス アトキンソン
4:30:25.0
+2:08.5
4
ダニエル ソルド
4:31:48.8
+3:32.3
5
コンラッド ローテンバッハ
4:46:16.6
+18:00.1
6
ミッコ ヒルボネン
4:53:01.0
+24:44.5
7
Andreas AIGNER
Mitsubishi
4:53:43.7
+25:27.2
8
フェデリコ ヴィラーガ
4:54:09.9
+25:53.4
20
トニ ガルデマイスター
5:15:18.1
+47:01.6
32
P-G ANDERSSON
5:39:15.6
+1:10:59.1


 
   
 
 
 
 
 

 

Rd.15 GB
MORE>>


Rd.15 GB
デイ3
MORE>>
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
  伝説の舞台 ウェールズ
MORE >>
  ラリー・ジャパン パドック編
MORE >>
  トニ選手と、P‐G選手のジャパン・ツアー
MORE >>




#10 メカニックの素顔:ステファン・エリクソン
MORE>>


#09 メカニックの素顔:エサ・ハッキネン
MORE>>