スズキ、ホームラウンドを今季最高の成績でフィニッシュ

最終日の今日は、路面を覆う泥が雨でぬかるみ厳しいコンディションとなったが、SX4 WRCを駆る2人のドライバーは安定した速さで合計距離約100kmに及ぶ9ステージを走破した。3つのステージで2番手のステージタイムを刻み果敢に追い上げを図ったP-G・アンダーソン選手はSS28でガルデマイスター選手を捉え5位、堅実な走りを守ったトニ・ガルデマイスター選手は6位でラリーを終え、ドライバーポイントとマニュファクチャラーポイントを獲得。両選手ともにホームイベントを舞台にスズキ・ワールドラリーチームのデビュー以来最高位の成績を修めた。
タフなコンディションと移り気な天候が特徴的な今回のイベントにおいて、SX4 WRCは終始安定した走行性能を発揮した。両選手は、今日の各ステージで6番手以内の好タイムを刻み、SX4 WRCの速さと信頼性を証明して見せた。
デイ3の序盤のSS23シコツでは両選手ともささやかなトラブルに見舞われた。ガルデマイスター選手は石の浮いた路面でパンク。また、アンダーソン選手はヘアピンコーナーでスピンし10秒ほどロスした結果、ステージトップタイムを逃し2位に甘んじた。とはいえ、車両自体には特に問題が生じることもなく、2台のSX4 WRCはエキサイティングな走りで日本のファンを魅了した。終盤は天候が回復し、数千人の観客が見守る中行われた閉幕式は2台のSX4 WRCの快挙を祝うかのように晴れわたった。


カーニュース
今回、初めてWRCの舞台となった札幌で、選手達は常に手探りでステージに臨み、車両の正しいセッティングに努めてきた。最終日の行程は5つのステージからなるループを昼のサービスを挟んで2回走るという内容で、ドライバーの多くが「3日間のなかで最もチャレンジング」と評するタフな1日となった。特に2回目のループは午前中の雨の影響でコースの一部が水に浸され、路面もかき乱されて荒れ模様を呈した。昼のサービスでは両選手とも対地クリアランスとサスペンションストロークの確保を重視してセッティングを変更した。


ドライバーニュース:
トニ・ガルデマイスター選手 コメント

「とてもタフだったけれど、同時にとても良いラリーだった。僕は、トラブルやミスさえ無ければSX4 WRCはいいポジションを獲れるはずだと常々思っていたけれど、それが真実だと証明できた。土曜日にステージトップタイムをマークできたのは本当に嬉しかった。今年初めてWRCに全戦参加するチームだし、もっとテスト走行をすれば、SX4 WRCの将来は明るいと思う。今シーズン最終戦となる次戦のGBには、自信を持って臨むことができるよ。」

P-G・アンダーソン選手 コメント
「ラリー・ジャパンはとても楽しかった!観に来てくれたスズキファンの皆にとっても良い思い出になるといいな。SX4 WRCは常に安定していて、昨日パンクしたときのタイムロスがなかったら表彰台も狙えたかもしれない。今シーズンは今まで大変だったけれど、今回、これまで取り組んできた開発の成果が報われたように感じている。今後が楽しみだよ。ターマックラリー2連戦で失った自信を、すっかり取り戻すことができた。なるべく良い成績で今シーズンを終えたい。」


チームニュース:
スズキ・ワールドラリーチーム ディレクター 稲垣秋介 コメント

「スズキのホームイベントであるラリー・ジャパンで素晴らしい成績を達成でき、チーム一同喜んでいます。今年のラリーのルートは完全に新しいため、どのチームにも経験によるアドバンテージがありませんでした。今回の成績は、イコールコンディションであれば私たちも上位チームと競う事ができるという可能性を示すものです。もちろん私たちにはまだ多くの課題が残されていますが、万事が正しい方向性で進んでいるという確信を得ることができました。」

DATE
SS 21
SS 22
SS 23
SS 24
SS 25
SS 26
SS 27
SS 28
SS 29
11/2(日)
3.44
13.57
27.76
2.57
1.46
3.44
13.57
27.76
2.57


Pos.
Driver
Manufacturers
Time
1
ミッコ ヒルボネン
3:25:03.0
0.0
2
ヤリ マティ ラトヴァラ
3:25:34.1
+31.1
3
セバスチャン ローブ
3:27:33.6
+2:30.6
4
クリス アトキンソン
3:28:45.4
+3:42.4
5
パー ガンナー アンダーソン
3:30:15.9
+5:12.9
6
トニ ガルデマイスター
3:31:12.4
+6:09.4
7
マシュー ウィルソン
3:32:08.3
+7:05.3
8
ペター ソルベルグ
3:38:22.9
+13:19.8



 
   
 
 
 
 
 

 

Rd.15 GB
MORE>>


Rd.15 GB
デイ3
MORE>>
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
   
 
 
  伝説の舞台 ウェールズ
MORE >>
  ラリー・ジャパン パドック編
MORE >>
  トニ選手と、P‐G選手のジャパン・ツアー
MORE >>




#10 メカニックの素顔:ステファン・エリクソン
MORE>>


#09 メカニックの素顔:エサ・ハッキネン
MORE>>